FC2ブログ


2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

深いいい話

DSC_1093.jpg
DSC_1094.jpg
DSC_1095.jpg
昨夜は、早い晩飯を食べて 板橋に出かけた。
下村博文事務所内でセミナーに出るためだ。
19時開講で「23時までは掛かるよ」と言われていたのだ。
まさか、そんなに遅くまで本当にするのかと、高を括って居たのだが・・
いざ、青山繁晴様の話が始まると、どんどんのめり込んでしまう。

この方の話の強さは何処から来るのだろう・・?
答えは簡単で 全て実際に現場で体験した内容だからだ。

その代わり体をはって現場を見ている。
福島第一原発に最初に現地入りした方なのである。
他の当時評価委員や東電の責任者はTV画面を通じて指示をしていたと言う。
故吉田所長が訪問の問い合わせをした時の答えが
「手を挙げてくれたのは青山さんだけだ」・・・だそうだ。

実情は現場でしか分からないのだ。

何事においても現場力はモノを言う。
さらにそこで実体験してきた事は何よりも勝る説得力となる。

話の内容は多岐にわたり、特に印象が強かったのは
日本の外交がどれだけ重要か。
自国の文化を充分に理解していないと相手国とは対峙できない。

沖縄や硫黄島を例に取り話をされました。
全てアドリブですが実体験ベースで次々と話が機関銃のごとく出てきます。

特に外交に関する要人とのパイプは凄いものを感じた。

とても有意義なあっという間の4時間であった。

.26 2014 aomichi comment0 trackback0
 HOME