FC2ブログ


2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

冬至が過ぎて

2013.12.22冬至 日本で夜が一番長い日が終わった。
これから日に日に一日が長くなると思うと何となく嬉しくなる。
当時には、各家庭は「ゆず湯」に入るのが日本の伝統だ。

では何故「ゆず湯」なのか?  

暮らしの歳時記ガイドの 三浦康子氏によると・・・

1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。
そこで、 冬至 を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で
冬至の祝祭が盛大に行われていた。
太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点だそうだ。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に
再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の
一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしてる。
つまり、みんなが上昇運に転じる日なのである!  

柚子(ゆず)=「融通」がきく、 冬至 =「湯治」。
こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われているが、もともとは
運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)である。
昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理であり、
現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があるそうだ。
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという
考えもあった。端午の節句の菖蒲湯も同じだと言う。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、苦労が実りますようにとの
願いも込められているそうである。

太陽が蘇る日・・そして・・・さあ本日から何を始めるか?
.23 2013 aomichi comment0 trackback0
 HOME